下肢静脈瘤とはVaricose Vein



下肢静脈瘤とは

「下肢静脈瘤」とは、日本人の約9%が罹るといわれ、患者数は1,000万人以上ともいわれています。
足にある静脈に血液がたまり、血管が膨らむ病気のことをいい、見た目にもはっきり分かるほどボコボコとコブ状に静脈が浮かび上がります。
良性の病気ですので、すぐに命に関わる病気ではありませんが自然に治ることはなく、放置しておくとだるさやむくみなどが日常化し、重症になると皮膚炎や潰瘍を形成することもあります。

下肢静脈瘤の種類

日本では下肢静脈瘤の分類として

  • 伏在(ふくざい)型
  • 側枝(そくし)型
  • 網目状
  • くもの巣状

の4種類の分類が主に用いられます。
基本的に手術や血管内治療が必要になるのは、「伏在型」のみとなります。

伏在型側枝型網目状くもの巣状
状在型 側枝型 網目型 くもの巣型
手術 硬化療法・弾性ストッキング

下肢静脈瘤についてよくある間違い

下肢静脈瘤については、一般的にあまり知られていないこともあり、間違えた情報も多くみられます。ここではよくある間違いをご紹介します。

間違えた情報(例)
  • 血の塊が飛んで、脳梗塞や心筋梗塞になりやすくなる
  • エコノミー症候群になる
  • 足を切断しなければならない
  • 血管のコブが破裂する

なぜ下肢静脈瘤になるのか

下肢の静脈には、筋膜(筋肉を覆う膜)よりも深い場所を走行する「深部静脈」と皮膚と筋膜の間を走行する「表在静脈」があり、静脈瘤ができるのは皮膚に近い「表在静脈」になります。

また、下肢の静脈には血液が重力によって下肢に溜まり過ぎないように静脈弁(逆流防止弁)がついています。静脈弁が存在することにより静脈の血流は心臓に向かって一方通行の流れになっていることが正常な血流になります。

血液の逆流をふせぐ静脈弁が壊れると、本来心臓に戻っていくはずの血液が重力によって足の静脈に溜まり血管がコブのようにふくれてしまいます。

また、血液が溜まり静脈の中の圧力が高くなることによって様々な症状が出現し、皮膚炎などの炎症の原因にもなります。

静脈弁が壊れる原因は遺伝や妊娠・出産、長時間の立ち仕事などがあります。

 

下肢静脈瘤のできやすい方

  • 性別:女性の頻度が高い
  • 年齢:加齢とともに頻度が増加する
  • 遺伝:家族に静脈瘤がある方に起きやすい
  • 仕事:立ち仕事に従事する方に多くみられ、進行しやすい
  • その他:妊娠・出産をキッカケにしてできやすくなる(特に2度目の妊娠でできる方が多い)

よくある症状

下肢静脈瘤の代表的な症状は、以下の3つが挙げられます。

主な症状

  • 足の血管がボコボコと盛り上がる
  • 足にむくみがある
  • 足の皮膚に色素沈着がみられる

その他の症状

  • 夜中に足がつる
  • 足の静脈に沿って痛みが出る
  • 足にかゆみがある
  • 足に不快感(だるい・痛い・重い・ジーンとした鈍い痛み)がある←長時間の立ち仕事の後や夕方に強くなる傾向
  • 足に湿疹や出血がある
  • 足の皮膚表面が脱落し潰瘍ができる
  • セミナーのお知らせ
  • クリニックブログ
  • 血管内レーザー焼灼術実施管理委員会
  • セミナーのお知らせ
  • クリニックブログ
  • 血管内レーザー焼灼術実施管理委員会