クリニックBLOG

2021.11.28更新

 

放っておいても直接命に関わるようなことはありません。
また、脳に血栓が飛んでしまう事も、足を切断しなければならなくなることもありません。
ただ自然に治ることはないため少しずつ悪化していきます、悪化のスピードには個人差がありますが、足のこぶはだんだん大きくなり、皮膚に茶色い色素が沈着するようになり、虫に刺されたようなちょっとした傷がなかなか治らないといった経過をたどり最終的に皮膚に穴が開く(皮膚潰瘍)場合もありますが、全ての人がそうなるわけではありません。
また経過中に、静脈瘤の中で血が固まって血栓を形成し、今まで何ともなかったのに急に痛みが出てくることもあります。
できればこういった皮膚潰瘍や血栓を形成する前に治療を行うことをお勧めします。

 

2021.11.28更新

 

放っておいても直接命に関わるようなことはありません。
また、脳に血栓が飛んでしまう事も、足を切断しなければならなくなることもありません。
ただ自然に治ることはないため少しずつ悪化していきます、悪化のスピードには個人差がありますが、足のこぶはだんだん大きくなり、皮膚に茶色い色素が沈着するようになり、虫に刺されたようなちょっとした傷がなかなか治らないといった経過をたどり最終的に皮膚に穴が開く(皮膚潰瘍)場合もありますが、全ての人がそうなるわけではありません。
また経過中に、静脈瘤の中で血が固まって血栓を形成し、今まで何ともなかったのに急に痛みが出てくることもあります。
できればこういった皮膚潰瘍や血栓を形成する前に治療を行うことをお勧めします。

 

  • セミナーのお知らせ
  • クリニックブログ
  • 血管内レーザー焼灼術実施管理委員会
  • セミナーのお知らせ
  • クリニックブログ
  • 血管内レーザー焼灼術実施管理委員会